ふわもこメモ

健康に関するライフハックをご紹介

脳はげましダイエット

f:id:e-ichi_hope:20170808054437j:plain
「脳」って人間に例えるなら、何でもテキパキさばいて超タフなタイプに思えませんか?
でも、「脳」は案外単純。不快なことは嫌で楽しいことしかしたくない!のだとか。今回は「脳」が楽しー!と感じることを行なって、うま~くダイエットへ導くとっておきのテクをご紹介。

スポンサーリンク







イライラ&ダラダラ食いは、ナイーブ脳が原因だった!

太る最大の原因は、食べ過ぎ。そのタイプは、イライラして食に走る「感情型」と、惰性で食べ続ける「習慣型」に分けられ、どちらも脳の働きが深く関わっています。「もともと人間の脳は、ネガティブなことに敏感。そのため、ストレスがかかると癒しを求めて。食(快楽)。に走りやすくなるのです。また、脳はラクをしようとするので、慣れた行動を単純に繰り返してしまうという傾向もあります」とは、脳科学者の岩崎一郎先生。先生自身、脳をはげましたことで約22忠の減量に成功したというから驚きです!「脳細胞は、常に新しく生まれ変わっています。そのため、ちょっとしたテクニックで、いつでもよい方向へ脳を導くことができるのです」

たまりにたまったストレスが食欲増進ホルモンを出してドカ食いへ

人間は、ストレスを受けると、緊張状態になり、アドレナリンというホルモンが分泌されます。「アドレナリンは、食欲を抑えるほうに働くホルモンですが、緊張状態が長く続くと、アドレナリンに代わってコルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは、もともとストレスに対抗するためのホルモンですが、大量に分泌され続けると、ほかのホルモンに働きかけて食欲を増進させたり、太りやすくする働きがあるのです」特に、イライラするとドカ食いに走りやすい感情型タイプは、食が細くなるアドレナリンモードから、食欲がアップするコルチゾールモードへと移行しやすい特徴が。「現代人に多い傾向ですが、ふだんから知らず知らずのうちにストレスをため込んでいるので、さらに新しいストレスを感じると、あっという間に食欲が暴走してしまうのです」
ストレスを完全に取り除くことは難しいかもしれませんが、ストレスに対抗する脳を育てることは可能!

「感謝日記」をつけて幸福感&やる気をアップ

ほんのささいなことでもいいので、日々の生活の中で感謝できること、を見つけ、こまめにメモしていきましょう。感謝をすると、脳細胞が増えて脳が活性化することが分かっています。また、感謝の気持ちを持つと人間関係がよくなって幸福感が増したり、エネルギーが湧いてやる気がアップするという研究結果もあります。

少しでも体を動かしてスッキリ感を味わおう

物事に失敗しても前向きに捉えられる脳の回路をつくるには、運動が効果的。人間はミスをすると、「クヨクヨ脳波」と「前向き脳波」の2種類が出るのですが、日常的に運動をしていると、前向き脳波が強く出る傾向があるのです。ポイントは運動を長期間続けること。そのためには、自分が楽しいと思える運動を選んで行なって。

食欲が暴走しそうになったら1分間、無心で呼吸を数えてみて

食欲が旺盛なときは、静かに自分の呼吸を数えてみましょう。呼吸だけに意識を集中させることで、感情を制御する部位など、脳のさまざまな部位が活性化することが分かっています。具体的には、安定した姿勢で座り、「吸って吐く」を1回として10呼吸行ないます。10まで数えたら、また1から数え、これを1分間繰り返して。


「人に何かをしてあげる」ことは、ストレスによる不幸感もはね返す!
「人に何かをしてもらったとき」と「人に何かをしてあげたとき」、どちらも人は幸せを感じます。ところが、「人に何かをしてもらったとき」の幸福感はストレスのある状況下では打ち消され、チャラになってしまうことが脳科学の研究で明らかになっています。逆に、「人に何かをしてあげたとき」の幸福感は、ストレスによって失われることがないことも分かっているのです。ツラいときや苦しいときほど、人は神頼みをしてしまいがち。でも、そんなときこそ他人の幸せを願ったり、助けてあげたりすると「幸福感がより大きくなります。

ご褒美ホルモンが効かなくなってムダ食い街道まっしぐら!

食後に必ず甘いものを食べたり、決めた時間になったら、空腹でもないのに食事をとったりと、何となく惰性で食べているのが、習慣型タイプです。「ある行動が習慣化されるまでには、ドーパミンという報酬系のホルモンが分泌されています。これは、脳が感動したり、喜びを覚えたときに分泌され、やる気を高めてくれるホルモン。ドーパミンには、脳の回路をつなげて、行動を習慣化させる働きがあり、その行動が一度習慣化されると、分泌されなくなるという特徴があります」
つまり、食べること。が、ただの習慣になると、ドーパミンの効きが悪くなるので、感動や喜びといったごほうび感がなくなり、空腹でもないのに食べ続けるというムダ食い状態になるのです。「こういった悪い習慣を断ち切るには、新たにドーパミンを分泌させて、新しい脳の回路をつくる必要があります。脳はただツラいことや意味もなく難しいことが苦手なので、楽しいことや取り組みやすいことを探して、トライするとよいでしょう」

「ダイエット日記」で日々の変化に目を向けて

どんなときに習慣で食べているのか原因を探るためにも、食事内容やその日あったことを簡単に記入しましょう。また、惰性で食べるタイプの人は、食事だけでなく、自分にも無頓着な面があるので、悪い習慣を改善しても体の変化に気づかない可能性が。体重や体調なども書き出して、わずかな変化も見逃さないようにしましょう。

家族にほめてもらって快、習慣に誘導しよう

悪い習慣を変えることが不快だと、新しい習慣はなかなか定着しません。その場合、新たに習慣化したい行動が“快となるような工夫が必要。例えば、家族や友達に協力してもらい、ダイエットでがんばっていることをほめてもらったり、自分なりの楽しみとつなげたりするなど、快、となるごほうびを用意しましょう。

おなじみのメニューやおやつを別のものにチェンジしよう

食べたいものを強制的に我慢すると、かえってストレスになることも。いきなりゼロにするのではなく、別のものに置き換える方法を試して。例えば、運動後に甘い清涼飲料水を飲んでしまうなら、それを無糖の炭酸水に変えたり、頻繁にケーキを食べてしまうなら、ゼリーに変えるなどして、少しずつ摂取カロリーを減らしていきましょう。

なりたい自分を紙に書いて持っておくだけで脳は変わっていく!
身につけたい習慣や、こうなりたいという願望を紙に書き、その紙を財布や手帳などに大切にしまっておくと、脳に意識づけされ、そのあとの行動や判断に影響を与えることが研究によって明らかになっています。逆に、悪い習慣は紙に書いてビリビリに破いて捨てると、やめやすくなります。もちろん、それを1度行なったくらいで悪い習慣がとたんに改善されるわけではありません。でも、脳は少しずつですが、確実に変化していきます。ちょっとした変化を楽しむくらいの気持ちで何度も繰り返し試してみましょう。

スポンサーリンク