ふわもこメモ

健康に関するライフハックをご紹介

高額な医療費を払う人と払わない人の違いは歯にあった!

f:id:e-ichi_hope:20170912061154j:plain
厚生労働省の調べによると、生活習慣病の医療費の中で歯科が占める割合は大きく、がんの医療費に次いで2位であることが判明しました。虫歯や歯茎からの出血くらいじゃ死に至らないと、放ったらかしにしていると、別の病気の原因にもなり、後々高額な医療費がかかる可能性があります。

スポンサーリンク








歯が抜けるのは老化現象ではない

高血圧性疾患など、命にかかわる病の治療費より、歯にお金がかかるのは、 "予防歯科" への認識の低さがあります。日本では、「年を取れば歯は失われるもの」、「老化現象の1つ」などと考え、ケアをしない人が多かったため、厚生労働省と日本歯科医師会は、1989年より、80歳で自分の歯を20本保つ "8020運動" を提唱し、定期的に歯医者に通うなどの "予防歯科" を推奨し続けてきました。
そのせいか、予防歯科の認識は少しずつ定着してきたものの、それでも、70歳での自分の歯の平均数は約16.5本(厚生労働省05年調べ)。親知らずを除いた成人の歯の本数は28本なので約4割の歯が失われているのが現状です。
老いれば歯はなくなるというのは間違い。定期的に歯医者でケアすれば、虫歯や歯周病を管理でき、インプラントなどの治療費をかけずにすむんです。
予防歯科は自由診療なら1回1万円で年3回程度必要。これを40年続けたとしても総額は120万円程度で入れ歯やインプラント代より安くすみます。何より自分の歯が残ることは大きいです。また、歯の定期ケアをしてきた人は、痛みなどがある時だけ歯医者に通院した人に比べ、65歳で約15万円の総医療費の差がでることもわかっています。
年を取れば歯がある生活こそ、医療費を抑えられる老後につながります。

一部歯科医院では初期虫歯も保険適用に

予防歯科とは虫歯や歯周病の検査と定期清掃、歯磨きや食生活の指導、唾液や噛み合わせの点検などを行います。
定期検診は本来自由診療だが、16年4月から、かかりつけ歯科医療機能強化型歯科診療所の施設基準を満たした歯科医院に限り、穴が開く前の初期虫歯へのフッ素塗布に保険適用が認められ、診療を受けやすくなりました。
とはいえ、治療が終わっているのに歯科医院に通うのは抵抗があるかもしれません。しかし、詰め物・被せ物には寿命があり、治療部が再度虫歯になる可能性は高いです。被せ物の下で虫歯になると、見た目ではわからないため、プロの定期ケアが重要になります。
予防歯科こそ、歯科治療の根幹にかかわります。そのため、どんな医師にも診てもらうか見極めるのも大切です。予防歯科の学会や勉強会に所属し、勉強している医師かHPなどで確認しましょう。

35歳以上の約8割が罹患する!歯周病ケアこそ重要です

歯に疾患があると、噛めないため偏食となって栄養が偏ったり、歯並びや噛み合わせが悪くなると、骨がゆがむなど、健康に悪影響を及ぼします。つまり、歯の疾患や喪失は別の病気の原因になりやすいのです。特に大人が歯を失う最大の原因が歯周病で、現在35歳以上の日本人の約8割が罹患しているとされています。
これは歯を支えている組織に起こる、さまざまな症状の総称。歯茎に歯垢がたまって腫れる歯肉炎から始まり、放置しておくと歯周炎に。こうなると、歯と骨をつなぐ歯根膜が溶け、歯周ポケットと呼ばれる隙間ができ、そこにさらに歯垢がたまります。さらに悪化すると歯槽膿漏になり、歯を支える歯槽骨が溶けて歯が取れてしまいます。また、歯周病菌が血液中に入ると、心臓病などの重篤な生活習慣病を引き起こします。歯周病の症状が重いほど、医療費負担も大きくなりがちなので、重症化させないこと。一度なっても歯科医による歯垢除去や家でのセルフケアに励めば改善できます。
予防歯科は歯周病ケアと考えても過言ではないのです。

フッ素は長く口の中に残しておくこと!

歯科医による予防用のケアを行うとともに、併せて重要なのが毎日のセルフケアです。その時に必要なアイテムが "フッ素" になります。歯科医院でも、歯の表面に医療用高濃度フッ素を塗布して虫歯を予防します。
日本の歯磨き剤にもフッ素は含まれていましたが、これまでは1000ppmが最大値でした。しかし、今年3月に約1500ppmの高濃度タイプの販売が承認・解禁されました。
フッ素には細菌による酸の産出を抑制する効果や再石灰化の促進、歯質強化という3つの働きがあります。いずれも虫歯予防に重要な働きで、フッ素濃度が500ppm上がるごとに約6%虫歯予防に効果が出るというデータがあります。ですから、6歳以上のかたは毎日使う歯磨き剤にできるだけフッ素濃度の高いものを選びましょう。
さらに、フッ素入り歯磨き剤の使用により、詰め物が劣化して虫歯になる "歯冠部虫歯" での予防効果が41%アップ。歯茎が下がって象牙質が露出し、歯根部が虫歯になる "根面虫歯" では、予防効果が61%もアップすると報告されています。
歯磨き剤の使用量は、下の一覧表にあるように、年齢で異なります。適量の歯磨き剤を使うことも大切です。また、フッ素は口の中になるべく長い時間残しておいた方が効果的なので、歯磨き後のうがいは1回程度で十分です。
高濃度フッ素を使った正しいブラッシングで自分の歯を長く守りましょう!
f:id:e-ichi_hope:20170912060433p:plain

スポンサーリンク