ふわもこメモ

健康に関するライフハックをご紹介

3つの頭痛の対策方法

f:id:e-ichi_hope:20170811074710j:plain

片頭痛

片頭痛でつらい痛みを我慢している人は少なくありませんが、日常生活に支障がある場合は医療機関を受診しましょう。
適切に薬を使うことで、症状をコントロールすることが可能になってきています。

スポンサーリンク








慢性頭痛に加え、病気による二次性頭痛がある

原因となる病気がなく、繰り返す頭痛を慢性頭痛といいます。15歳以上の日本人の約40%に当たるおよぼ4000万人が慢性頭痛に悩まされているとされています。
慢性頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、薬の使いすぎによる頭痛などがあります。
慢性頭痛とは別に、何らかの病気の症状の1つとして頭痛が起こる二次性頭痛があります。特に、50歳以上で初めて強い頭痛が起こった場合、二次性頭痛が疑われることがあります。
二次性頭痛を起こす病気のなかには、くも膜下出血や髄膜炎、脳腫瘍など、命に関わる危険なものがあります。今までに経験したことがないような頭痛が起きた場合や、痛みが強くなった場合は、これらの病気の可能性もあるので、直ちに医療機関を受診しましょう。

脳の結果の周囲の炎症や結果の拡張が神経を刺激する

片頭痛がある人は、日本では約840万人と推計され、男性より女声に多く見られます。片頭痛は、脈をうつようにズキンズキンと痛み、動くと悪化します。痛む場所は頭の片側が痛む人が約6割、両側が痛む人が約4割とされています。
片頭痛が起こる原因は、まだはっきりとは分かっていませんが、1つの説として様々な要員によって脳の視床下部が刺激を受け、脳の血管を取り巻く三叉神経の周囲に炎症が起こったり、脳の血管が拡張したりすることで痛みが起こると考えられています。視床下部は、女性ホルモンの分泌や睡眠、食欲などをつかさどっているため、月経や排卵、出産や更年期、寝不足や寝すぎ、空腹などが誘因になると考えられています。
また、視床下部は自律神経もつかさどっているため、ストレスやストレスからの解放、眩しい光、強いにおい、人混みや騒音、天候の変化、温度の変化や高い湿度、アルコールなども片頭痛を起こす誘因になると考えられます。

我慢できないほどの頭痛で仕事や家事に支障を来す

片頭痛は、次のような症状から診断されます。

  • 痛みが4~72時間(3日間)続く
  • 頭の片側に起こる
  • ズキンズキンと脈動性の痛みがある
  • 仕事や家事に支障を来す、または我慢できないくらいの強い痛みがある
  • 動くと痛みが悪化する

これらのうち2つ以上が当てはまることに加え、

  • 頭痛が起こると吐き気がする
  • 光と音に敏感になる

これらのうち1つ以上が当てはまると、片頭痛と診断されます。
片頭痛の予兆として空腹時や生あくび、イライラ、手足のむくみなどが起こることもあります。また、片頭痛では1~2割の人に前兆が見られます。その代表的なものが閃輝暗点です。
視野の中央にギザギザした光が表れ、5~60分間程続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が起こります。

頭痛が起きたらすぐにトリプタンを使う

片頭痛が起きた時に自分でできる対処法としては、まず痛む部分を冷たいタオルなどで冷やすことです。患部を温めたり、もんだりすると、逆効果になることが多くあります。頭痛のあるときは、入浴は控えてください。静かな暗い場所で安静にし、可能なら少しでも睡眠をとると症状が落ち着きます。痛みがそれほど強くない場合は、市販の頭痛薬で症状を抑えることも可能です。
日常生活に支障がある場合は、まずかかりつけ医を受診しましょう。症状の改善が不十分な場合は、専門医がいる頭痛外来や神経内科などを受診することをお勧めします。

薬物療法

治療の中心は薬物療法です。片頭痛の治療薬であるトリプタンには、三叉神経の周囲の炎症を抑える作用と、脳の血管を収縮させる作用があります。
トリプタンは、片頭痛の痛みが起きたら、すぐに使用すると最も効果を発揮します。片頭痛の始まりがわかりにくい場合は、頭痛を感じたときに、おじぎをしたり、頭を左右に軽く振ったりしてみて、痛みが強くなるようであれば、薬を使用するタイミングと考えられます。
トリプタンには効果の表れ方によっていくつかのタイプがあるので、医師に相談してください。痛み始めてから痛みが強くなるまでが速い人強くなるまでが早い人は効果が早く出るタイプ、頭痛の持続時間が長い人は効果が長く続くタイプが有効です。
トリプタンには、飲み薬のほかに水なしで口の中で溶ける口腔内崩壊錠、口腔内速溶錠、吐き気で飲み薬を使えない人には液体状の点鼻薬があります。また、太ももなどに自分で注射する皮下注射薬は、即効性があり、吐いたり頭痛がひどくなってからでも効果があります。
トリプタンは血管を収縮させる作業があるため、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞などがある人は、病気を悪化させるおそれがあるので使用できません。また、重症の高血圧や重い肝臓病などのある人も使用を控えます。トリプタンを使用できない場合は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を用いて痛みを抑えます。
なお、妊娠中や授乳中の場合は、薬の使用いついては専門医に相談してください。頭痛の薬は適切に使用すれば効果を発揮しますが、自己判断で使いすぎると薬の使いすぎによる頭痛を起こすおそればあるので注意してください。

予防

片頭痛に対しては、必要に応じて予防薬を使うこともできます。予防薬の使用が検討されるのは、頭痛が1ヶ月に2~3回以上あるなど回数が多い、1ヶ月に1回程度でも頭痛の持続時間が長く日常生活に支障がある、トリプタンやNSAIDsなどの治療薬が効かない、片頭痛を起こすことに対する不安が強い場合などです。これらの条件に当てはまり本人が希望する場合に使用します。
予防薬として使用されるのは主にカルシウム拮抗薬、抗てんかん薬、β遮断薬、抗うつ薬などの飲み薬えす。予防薬を2ヶ月以上続け頭痛の回数の減少や痛みの程度の軽減が3~6ヶ月続いたら、徐々に予防薬の量を減らしていき、中止します。

緊張型頭痛

デスクワークや車の運転など、長時間同じ姿勢を続けていると起こることが多い緊張型頭痛。まずは生活習慣を見直しましょう。それでも症状が改善しない場合は、薬による治療を行います。

頭や首、肩、背中の筋肉のコリや張りが関係している

慢性頭痛なかで最も多いのが、緊張型頭痛です。日本では約2000万人いると推計されます。
緊張型頭痛は、側頭筋、広頚筋群、僧帽筋など頭から背中にかけて筋肉のこりや張りによって、痛みを感じる神経が刺激されることで頭痛が起こると考えられています。その原因の多くは生活習慣が関係しています。

長時間の同じ姿勢

同じ部分の筋肉を使い続けるため、筋肉が疲労しやすくなり、こりや張りが起こります。長時間同じ姿勢でいることから、夕方や仕事の終わり頃に頭痛が起こりがちです。

悪い姿勢

姿勢のバランスがよくないことで、頭から肩にかけての筋肉に負荷が集中し、筋肉が疲労しやすくなります。なで肩の人も肩こりが多く、緊張型頭痛が起こりやすい傾向があります。

不適切な枕

枕が高すぎたり低すぎたりすると、首の神経が圧迫されて、周辺の筋肉にこりや張りがでます。

運動不足

筋力が低下すると、首や肩などに負荷がかかりやすくなります。

これらの生活習慣を見直しても緊張型頭痛が改善しない場合は、精神的ストレスが関係しちえる可能性があります。精神的ストレスが加わると、脳などの中枢神経の痛みの感じ方が過敏になり、緊張型頭痛が長引くと考えられています。

頭の両側が締め付けられる

緊張型頭痛は、片頭痛と症状の特徴を区別することで診断されます。

  • 頭の両側に起こる
  • 圧迫または締め付けられるような痛みがある
  • 我慢できる程度の痛みや、仕事や家事などを何とかできる程度の痛み
  • 体を動かしても痛みが悪化しない

これらのうち2つ以上が当てはまることに加え、

  • 頭痛が起きても吐き気や嘔吐はない
  • 部屋の明かりなどの光とテレビの音が気にならない、もしくはどちらか1つのみが気になる

この両方が当てはまると、緊張型頭痛と診断されます。
緊張型頭痛の持続時間には個人差があり、30分程度で治まることもあれば、1週間程度続くこともあります。痛みの持続時間の長短にかかわらず、頻繁に起こるようになると大きなストレスとなります。その結果、日常生活にさまざまな支障を来し、生活の質を大きく損ない続けるので注意しましょう。

こりや張りを起こした筋肉をリラックスさせることが大切
生活習慣の改善

緊張型頭痛の改善は、生活習慣の見直しを行うことが基本です。頭から背中にかけて筋肉のリラックスを図り、こりや張りを取り除きましょう。
長時間の悪い姿勢を防ぐための対策には次の3つがあります。

  • 正しい姿勢・・・猫背であごが上がっている人は、背筋をまっすぐにしてあごを引きます。スマートフォンの使いすぎにも注意が必要です。いすに座るときは、足を組まないようにしましょう。
  • 作業中のこまめな休憩・・・デスクワークを1時間行ったら、5分間は休むなど、意識して休憩をとることが大切です。休憩中は立ち上がって伸びをしたり、少し歩くなどしましょう。
  • 自分に合った枕・・・頭が高くなりすぎる枕や沈みすぎる枕では、一晩中悪い姿勢が続いている事になります。毎朝、起きて肩こりを感じる場合は、枕を見直してみましょう。

血流を改善して筋肉のこりや張りを防ぐための対策には、次の3つがあります。

  • 首や肩を冷やさない・・・夏の冷房で寒いと感じたら衣服を1枚羽織ります。首にスカーフを巻くのもよいでしょう。
  • ぬるめの風呂にゆっくり入る・・・筋肉のこりや張りがほぐれ、リラックスできます。両手を首の後ろで組んで首を温めると、首周辺の筋肉の緊張がほぐれます。
  • 日常的な運動・・・じっとしていると痛みが出やすくなるので、適度な運動を行い、筋肉をほぐしましょう。特に水泳は、頭や体重の負荷を減らした状態で肩周りの筋肉の運動が行えます。ウォーキングを行う場合は胸を張って、猫背にならないようにします。
市販の頭痛薬

時々起こる緊張型頭痛の場合、市販薬を適切に使用すれば効果を発揮することもあります。
頭や首、肩の周りの筋肉を指で押して頭痛が強くなる場合は、薬による痛みの軽減が期待できます。ただし、自己判断で薬を使いすぎると、薬の使いすぎによる頭痛を起こす恐れがあるため、頻回の使用は避けましょう。

非ステロイド性消炎鎮痛薬などで痛みを緩和する

生活習慣の改善や市販薬を使っても、症状が十分に改善しない場合は、まずかかりつけ医を受診しましょう。ただし、毎日のように緊張型頭痛が起こり、強い精神的ストレスが原因として疑われる場合は、治療法が異なるので、頭痛外来や神経内科、心療内科など、専門医がいる医療機関を受診してください。
痛みが強いときの薬物療法としては、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)などの飲み薬で対処しますが、1週間に3日以上使わないように注意します。
筋肉の緊張が強い場合は、筋弛緩薬を使います。また、頭痛の頻度が多い、強いストレスがある場合は、脳が痛みに敏感になっており、症状に応じて中枢神経に作用する抗うつ薬を少量使ったり、一時的に抗不安薬を使うことがあります。

片頭痛と緊張型頭痛が合併する場合

慢性頭痛には、片頭痛と緊張型頭痛の両方がある合併型も少なくありません。片頭痛も緊張型頭痛もストレスが下忍で起こりやすくなるため、それぞれの頭痛を誘発することがあります。また、実際には軽い片頭痛なのに、緊張型頭痛が起こっているように見える場合もあります。
合併型の症状の現れ方には、日によって片頭痛と緊張型頭痛が起こるタイプと、日常的に緊張型頭痛が起こっていて、たまに片頭痛が起こるタイプがあります。合併型が疑われる場合は、頭痛専門医への受診をお勧めします。合併型で片頭痛の頻度が多い場合は、一般的にまずは片頭痛から対処することが検討されます。

薬の使いすぎによる頭痛

片頭痛や緊張型頭痛などのある人が頭痛薬などを使いすぎていると、ますます頭痛に悩まされる恐れがあります。適切な治療で改善できることが多いので、専門医を受診することが大切です。

薬を飲む回数や量が増えると薬が効かなくなってくる

片頭痛や緊張型頭痛などのある人が、市販の頭痛薬や医師から処方された痛み止めの薬、片頭痛の治療薬であるトリプタンなどを使いすぎることが原因で、かえって毎日のように頭痛が起こるようになった状態を薬剤の使用過多による頭痛といいます。
この薬の使いすぎによる頭痛は、人口の1~2%はいると考えられています。
薬の使いすぎが原因で起こる頭痛の薬8割は、おともと片頭痛のある人です。片頭痛は女性に多いため、薬の使いすぎによる頭痛も女性に多く、患者さんの薬70%は女性が占めています。
また、社会人で片頭痛や緊張型頭痛のある人がは、仕事を休めずに頭痛薬に頼ることで対処しているうちに、薬の使いすぎによる頭痛になるケースも少なくありません。

薬の使いすぎによる悪循環

つらい慢性頭痛をたびたび経験している人の場合、また頭痛が起こるかもしれないという不安や恐怖感が強くなることがあります。そのため、自己判断で頭痛薬を飲むようになってしまい、薬を飲む回数や量が増えていきます。
薬を使いすぎていると、脳などの中枢神経での痛みの感受性が変化すると考えられています。その結果、頭痛を起こす引き金となる少しの刺激でも、痛みに敏感になり、頭痛の頻度が増えてくることがあるとされています。
また、痛みの性質や痛みが出る場所が変化するなど、頭痛が複雑化して、次第に薬が効きにくくなってきます。そうなると、さらに薬を使う回数や量が増えることになり、悪循環を繰り返すようになってしまいます。
特に、慢性頭痛に悩まされている人が、自己判断で市販の頭痛薬を日常的に使用することを繰り返した結果、薬の使いすぎによる頭痛になるケースが多く見られます。また、慢性頭痛がある人は、月経痛や腰痛など、体のほかの部位の痛みがあって鎮痛薬を使い続けることによっても、薬の使い過ぎによる頭痛が起こる可能性があると考えられています。

頭痛を起こす頻度や薬の服用の状態などで判断

薬の使い過ぎによる頭痛が疑われる場合は、自分で悪循環を断ち切ることは難しいので、専門医を受診してください。
もともと片頭痛や緊張型頭痛などのある人が、1ヶ月に15日以上頭痛があり、市販の頭痛薬やトリプタンを1ヶ月に10日以上使用している状態が3ヶ月を超えて続いていると、薬の使い過ぎによる頭痛と診断されます。
頭痛薬をどのくらいの頻度で、どのくらいの期間使うと、薬の使い過ぎによる頭痛になるかといった科学的な調査結果はありませんが、多くの専門医の意見を取りまとめて診断基準がつくられています。頭痛外来などでは、薬の服用が1ヶ月に10日以上にならないように薬の処方や服用の指導が行われています。
薬の使い過ぎによる頭痛の診断基準に当てはまらない場合でも、薬の効きがあまりよくないのに頭痛薬を使い続けている人や、頭痛薬を使うことが習慣化している人も、悪循環が始まっている可能性があるので、受診が勧められます。
受診する際には、市販薬を含め使用しているすべての薬の実物を持参するか、薬の名前を必ず医師に伝えましょう。

頭痛の原因となっている薬を中止して、別の薬を使う

治療では、医師から薬の使い過ぎによる頭痛であることが説明されます。そのことを患者さんが理解したら、その人に合った治療目標を立てていきます。
治療に対する意識付けができたら、原因となっている薬の使用を中止し、頭痛が起きたときのために別の種類の頭痛薬が処方されます。片頭痛の治療薬であるトリプタンの使い過ぎの場合、トリプタンには5種類あるので、別の種類のものが処方されます。市販の頭痛薬の使い過ぎの場合、市販薬では複数の成分が配合されていることがあるため、その薬とは別の単一成分の鎮痛薬が処方されます。
また、もともとの頭痛に併せて予防的な薬も処方されます。片頭痛にはカルシウム拮抗薬や抗てんかん薬などの予防薬が、中枢神経が関わる緊張型頭痛には抗うつ薬などが用いられます。
薬の使い過ぎによる頭痛は、これらの治療で徐々に症状が軽減していきます。経過が順調であれば、予防薬や抗うつ薬の量を減らしてきます。
片頭痛のある人では、頭痛薬の使用が1ヶ月に10日未満になれば、元の片頭痛に戻ったと考えられます。続いて、片頭痛の治療を行うことで、頭痛をコントロールしていきます。
緊張型頭痛のある人では、姿勢の改善や運動不足の解消といった日常生活を見直して、薬以外で対処できるようになれば、元の緊張型頭痛に戻ったと考えられます。
薬の使い過ぎによる頭痛は、このような専門的な治療によって、薬70%は症状が改善できるとされています。ただし、このうち薬30%は、1年以内で再発するという研究があります。再発を防ぐには、少なくとも1年程度は通院し、医師の指示を守って処方された薬を使う事が大切です。

薬の使用頻度を減らし、予防的に使うのを避ける

薬の使い過ぎによる頭痛の予防や再発予防のためには、頭痛薬の使用を1週間に2日程度まで、1ヶ月に10未満を守りましょう。また、頭痛の起こる日数が多い人が市販の頭痛薬を使うときは、成分が複数含まれているものは避け、単一成分の頭痛薬を選ぶようにしてください。さらに、頭痛が起きていないときに予防的に使うのは避けます。
薬の使い過ぎによる頭痛を治療しても改善しない場合は、頑固な片頭痛がある可能性があったり、、抑うつや不安、睡眠障害などによって頭痛が改善しないなどのケースもあります。そのため、頭痛のきっかけを見極め、生活習慣を見直すようにしましょう。

スポンサーリンク