ふわもこメモ

健康に関するライフハックをご紹介

「マインドフルネス」の効用

最近になって「マインドフルネス」という言葉をネットや雑誌でよく見かけるようになりました。 ストレス緩和や創造性開発の効果があるとして、米グーグルやインテルなどの企業研修に採用されたことで一躍注目を浴びるようになりました。 果たしてマインドフ…

食物繊維で腸から美人に!

女性の美を保つ成分といえば、ビタミンやコラーゲンをまず浮かべるかもしれません。しかし、血糖値上昇を抑え、腸を整えて美肌を守る「食物繊維」の重要性を強調する専門家も多いです。 肌を構成するたんぱく質に余った糖が結合する糖化という現象が起こると…

更年期こそ睡眠負債に気をつけて

睡眠不足や睡眠の質の低下から知らぬ間に蓄積していく睡眠負債。 この負債が認知症やがん、生活習慣病などのリスクを高めると注目されています。 睡眠の悩みが増える更年期以降は、負債をためないよう特に気をつけたいです。質のよい睡眠法を身につけ、負債…

高額な医療費を払う人と払わない人の違いは歯にあった!

厚生労働省の調べによると、生活習慣病の医療費の中で歯科が占める割合は大きく、がんの医療費に次いで2位であることが判明しました。虫歯や歯茎からの出血くらいじゃ死に至らないと、放ったらかしにしていると、別の病気の原因にもなり、後々高額な医療費が…

ぽっこり世代の糖質制限ダイエット

おなかまわりにぽっこり脂肪がつく中年太りは年のせいだとあきらめていませんか? 脂肪には糖質が深く関わっているため、糖質を少し控えるだけでおなかまわりからみるみるやせきていきます。 中年太りこそ効果の高いダイエット法です。

ちょい遅寝で朝までぐっすり眠れる!

眠りは人生の3分の1を占める大事なもの。しかし、睡眠の知識は誤ったものも多い。「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」といった、シニアに多い睡眠の悩みを解決する "新説" をご紹介します。

やる気がないときの集中力の作り方

やらなければと分かっていても、だらだらとしてやる気が出ない。こんなことではいけないとやり始めても、すぐに飽きてしまって続かない。「もっと集中力があれば・・・」と、自分のずぼらさに落ち込んでいるあなた。でも、あなたが頑張れないのは、集中力が…

集中力を継続させ、誤字脱字を減らす方法

「イベントの案内ハガキを郵送した後に、開催日の曜日を間違えていたことに気付いた」。こうした文書上の日程間違いは、想像するだけで、ぞっとします。集中力が途切れてしまった時に起こる致命的なミスの1つが、こうした文章の誤記。間違いを確実に見つける…

もう怒らない! 爆発しそうな時の心の整理術

怒ってもいい。でも、出し方の注意は必要 腹が立つという感情は、人間なら誰しもがもつもの。決してその感情そのものが悪いということではありません。怒りの感情が湧く理由は、自分が「こうに決まっている」「こうあるべき」と考えていたことが否定されるか…

よく寝る人は美しい

日中のコンディションが眠りの質のバロメーター 質のいい睡眠がとれているか否かは、いまいち判然としないもの。自分の睡眠の質を見極める方法はあるのでしょうか。 寝ている間のことは覚えていないですから、日中のコンディションで判断するしかありません…